楽天で見つける!ライターのお気に入り商品紹介サイト

おきに

コスメ メイク

マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チークの口コミ評判!使用感・メリット・デメリットを徹底レビュー

投稿日:

マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チークを実際に 半年近くリピートして使った口コミ・効果・メリット・デメリットを、実際の感想を交えて徹底レビューします。

マジョリカマジョルカのクリーム・デ・チークは、  発色がとてもいいのでとても気に入っています。

 

マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チークを購入したワケ

マジョリカマジョルカのクリーム・デ・チークに出会うまでずっと他のメーカーのクリームチークを使っていました。

そちらも使い心地は良かったのですが、衛生面に多少不安があったことと、底が見え始めたので新しいものを探すことにしました。

パウダーのチークを使っていた期間も少なからずあったのですが、毛穴が目立ちやすい私の肌はクリームチークの方が合っていたので、クリームチークを中心に探すことにしました。

ピンク系の色のチークを使っていることが多かったのですが、オレンジ系はそばかすやシミが目立ちにくくなるという噂を耳にしたので、似合うかどうかは別にしてピンク系とオレンジ系のクリームチークを探すことにしました。

色の濃さが調節しやすいだけならパウダーチークの方がいいと思います。

でも肌質や潤い感を考えると私的にはクリームチークだな、と。

いつの頃からか、クリームチークも多く見かけるようになり、中にはアイシャドウやルージュとしても使えるものも増えました。

正直なところ、色々ありすぎてよく分からない状態になっていました。

そんな中、友人二人がマジョリカマジョルカのクリーム・デ・チークを使っていることを知りました。

どんな感じなのか訊いてみると「見た目はマニキュア」と言われて「!?」となりましたが、「発色も伸びもいいよ」とも教えてくれたので、まずはマジョリカマジョルカのコーナーへ。

行ってみると、クリーム・デ・チークは4色ありました。

いつも使っているようなピンク系もオレンジ系もあり、価格はひとつ800円というありがたさ。

サンプルを手の甲試してみると、確かに発色も伸びもよく、試してみる価値はありそうだと思い、購入しました。

 

マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チークの口コミ・効果

クリーム・デ・チーク

マジョリカマジョルカのクリーム・デ・チークはOR313:オレンジ系、PK312:ピンク系、RD411:落ち着いたレッド系(濃いピンク)、RD310:PK312とRD411の中間くらいの色の4色です。

もともとオレンジとピンクを探していたので、購入したのはOR313とPK312です。

購入した翌日から早速使ってみることにしました。

サンプルでも思いましたが、マニキュアみたいで不思議な感じがしました。

初めに使ったのはその日に着ていた服に合わせてPK312です。

マニキュアはハケでそのまま爪に塗りますが、発色がいいことはすでに知っていたので、ハケでの直塗りはNG。

手の甲に少し塗り、その中からごく少量を指に取って、頬に色を乗せていきました。

ファンデの上からでもクリーム・デ・チークの発色はとてもいいです。

同じく伸びにも問題はなく、ほんの少量で血色がいい健康的な顔色に見せてくれます。

また、OR313の発色も伸びもやっぱり全く問題ありませんでした。

そして噂通り、そばかすやシミはあまり目立たなくなりました。

濃いそばかすやシミは確認できてしまいますが、それでもじっくり見なければさほど気にならないのです。

コンシーラー以外でもこのようにそばかすやシミを目立たなくしてくれるのは本当に嬉しいです。

コンシーラーとの合わせ技を使うと、本当にじっくり見ないと分からなくなります。

 

マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チークのメリット

クリーム・デ・チークの口コミ

色味がいい

マジョリカマジョルカは若いお嬢さんが使うイメージがわりとあるんですよね。

インスタ映えしそうな容器やケースや色も多いですし。

でも実際に使ってみると年齢を問わないものも結構あって、チークはそのうちのひとつではないかと思います。

塗り方や塗る場所にもよるとは思いますが、OR313とPK312は若い方だけの色ではないですね。

年齢を重ねるとオレンジ系のチークを使っている方をあまり見かけません。

私も何となくピンク系を使うことが多く、オレンジってどうなんだろうと思っていたこともありました。

学生の頃はオレンジにも抵抗はなかったんですけども。

ですが、実際に使ってみると、年齢とともに目立つようになったそばかすやシミを気にならなくしてくれます。

そしてオレンジは薄く塗っているだけでも、すごく元気な表情に見えるんですよ。

 

発色と伸びがいい

繰り返してきましたが、発色と伸びはすごくいいです。

クリームというよりはとろりとした乳液みたいな感触に似ている気がします。

つまり潤って見えるくらいの、クリームととろみのある乳液の間くらいのチークなんですね。

 

お手頃価格

伸びがいいということは一回分の量は少なくて済むということです。

そしておひとつ800円という低価格!!

コスパがものすごくいいですよね。

マニキュアみたいなチークは他のメーカーやブランドにもありますが、マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チークは試しやすいお値段です。

色味も気に入ったのなら大人買いするのもいいかもしれませんね。

 

衛生的

マニキュアのハケを想像してくださいね。

それをファンデを塗った顔に直塗りせず、手の甲にのせて指先に取って塗るのはものすごく衛生的だと思います。

容器はゴミやホコリが入りにくい形状です。

手の甲がとても汚れていたなら話は別ですが、直接容器の中に指を入れないので、容器の中のチークは綺麗な状態を保てますよね。

コンパクト状のクリームチークは黒く細い短い糸状のホコリ(?)のようなものがたまりやすく、ティッシュなどで取ろうとしたらチークそのものを結構ごっそり取ってしまったりしまいます。

パウダー状のチークはブラシを毎日洗浄する方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか…。

そのことを考えると、このマジョリカマジョルカ クリーム・デ・チークはとても衛生的だと言えますね。

 

マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チークのデメリット

コツがいる

塗り方はクリームチークに慣れている人であれば問題ないと思います。

けれど、クリームチークに初めて挑戦する方には少し難しいです。

私はクリームチークを使っていましたが、クリームととろみのある乳液の間くらいのこのチークは難しく感じました。

手の甲に出すのはともかく、指先にどのくらいつければそのくらいの濃さでどのくらいの範囲まで塗れるのか…。

慣れるまでは「濃くなりすぎた!」となってました。

しかしそれもルースパウダーを上からぽんぽんすれば落ち着く程度のものでしたし、クリーム・デ・チークの使い方や指に取る量も数日で慣れたんですけどね。

 

マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チークをオススメしたい人

色にもよると思うのですが、そばかすやシミが気になっている人はまずOR313を試してみてほしいですね。

本当にさほど目立たなくなるので!

ピンク系だったら年齢を問わずお使いいただけるのではないかと思います。

今まで発色や伸びが悪くて「もーっ!」という感じになっていた方もぜひ使っていただきたいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-コスメ, メイク

Copyright© おきに , 2018 All Rights Reserved.